スーパー個別お話会で和田颯くんの魅力に迫る

2015年2月8日、日曜日。
前日にチェキ会が行われた東京スクールオブミュージック専門学校渋谷第一校舎にて、Da-iCEさん初の試みが行われました。
4th シングル「もう一度だけ」発売記念スーパー個別お話会(直筆サイン入りサンキューカード特典付)です。
ただのお話会じゃありません、スーパーな上に個別なんです。
しかもスーパー個別にお話できること自体が特典であるのに、直筆サイン入りサンキューカードという特典を重ねてくる羽振りの良さです。
例えると布団圧縮袋に付いてくる高枝切りばさみでしょうか。違います。
そんなスーパー個別お話会(以降、お話会)に参加するには、シングルの通常盤を5枚セットで購入する必要があります。(5,400円、送料は別途かかります)
するとmu-mo特典でアザージャケット5枚セットが付いてきます。
なんということでしょう、特典だらけではないですか……!
布団圧縮袋に高枝切りばさみだけではなく穴開き包丁まで付いてきたかのような。違います。
もはや普通にCDショップで通常盤を買うことが馬鹿らしくなってきそうなこのセットですが、当然発売開始と共に売り切れが続出しました。
4月に出るシングルにも同じ特典が付きますが、激戦を避けるために抽選方式が取り入れられたほどの勢いです。

そんなお話会とは一体どのようなイベントなのか……

そして和田颯くんのトークスキルはいかに……

次回行かれる方の参考になるよう、レポートしてみたいと思います。

※イメージ図
(なかだの絵は基本的に少女漫画です)
f:id:kt115H:20150322065501j:plain

とりあえず新しいイベントがあると鍵開けしてみたくなるヲタクな性分なので、1部の券を購入して朝イチで行ってまいりました。
余談ですが、早く行きすぎて道で会場に向かう花村さんとばったり出会い、お互いなんとなく挨拶するという謎の奇跡も起きました。
すっぴんマスクの花村さんも可愛かったです。

さて、チェキ会ではメンバーによって待機場所が二つに分かれていましたが、お話会はどのメンバーでも同じフロアで待機することになりました。
余談ですが、待機場所に向かうエレベーターが途中階で開いて工藤さんとT中さんがいるというハプニングも。
スッとファンの視界から逃げて壁沿いに隠れる工藤さん可愛いなあと思いながら、そっと「閉」ボタンを連打しました。
(これがなかなか閉じない時の気まずさ)

そしていざ和田さんのお部屋に。
配置はこのような感じでした。

と、画像を貼ろうと思ったらカメラロールにないので後日こっそり貼ろうと思います。
とりあえず、メンバーと向かい合って椅子に座り、各部屋のスタッフさんがストップウォッチを持って時間を計ってくれる感じです。

チェキ会ではMVの私服衣装を着ていましたが、お話会では完全に私服でした。
ぽっけだけ赤い緑のシャツ、可愛かったです。
ついでにヘアーセットも比較的ラフな感じ。
とりあえずお話会ということで喉を痛めるのではないかと心配し、雑誌に載っていたw-inds.橘慶太くんの鞄の中公開企画で見かけたのど飴を差し入れしてみました。
f:id:kt115H:20150322071934j:plain

「なにこれーあっためるの?何をあっためるの?のど?おなか?」
(全体的にひらがなに聞こえる)(可愛い)

序盤から無邪気に質問され(しかも相手は座っているので上目づかい)仔犬の尻尾の幻視が見えました。
のどです、のどを温めてください。
さて、このお話会。
決して延々と世間話ができるわけではありません。
90秒間という限られた時間の中で、メンバーとマンツーマンでゆったりお話できるというもの。
そして、この温かしょうがのど飴がどこを温めるかという和やかなやり取りも、すでに90秒間に含まれているわけです。
(厳密にどこからスタートなのかはわかりませんでしたが、荷物を置いて会話が始まったらストップウォッチは動いているっぽいです)
のんびりしていられないのでちゃちゃっと椅子に座っちゃいましょう。

1部鍵開けということで、向こうもわりと手探り感がありました。
そして座るなり両手でクイっとしながら、
f:id:kt115H:20150322072828j:plain
臨戦態勢です。可愛い。
なんでもと言われてもそこまで深く話題を考えていなかったので、ゆるゆるとSWISHの話なんかをしました。
90秒というのは一瞬です、岩井さんの「お時間でーす」という声で現実に引き戻されます。
ちなみに時間までの間岩井さんは一切会話に入りません。
(ちょっと寂しかった)
「じゃあ、」
とにこにこ立ち上がり、最初のお話会をやり遂げて満足気な和田さん。

……あれ?

ここで、お話会のイベント内容を確認してみましょう。
■イベントの内容
・メンバーと個室で入室から退出までの間、90秒間マンツーマンでお話ししていただきます。
・“サンキューカード”にメンバーがサインをお客様の前でお書きします。(“サンキューカード”はご来場者のみに会場にてお渡し致します。)
そうです、例の高枝切りばさみをまだいただいていませんでした。

「……これって、サイン書いてもらってから話すんじゃなかったでしたっけ」
「……あっ」

まあ初回ですからね、仕方ないです。
綺麗に袋に入ったままだったサンキューカードを取り出し、サインをしてくれました。

「はい!(満面の笑み)」

あれ、わたし参加券に名前を書いた気がするけど……

「えっと、お話会の券に書いた名前を書いていただくって話だったと……」
俺あんまり仕組みがわかってないww

本当に、初回の子がもうちょっとテンパってたらサンキューカードもらえず仕舞いだったんではないかと心配しました。
というかなんだこのデジャヴ感。
(チェキ会でも名前書き忘れられた)
まあでも、相手にリラックスしてもらえるのは嬉しいです。

さてその後更に2回お話しに行ったわけですが、特に6部の和田さんが可愛かったので書き残そうと思います。
まずは最終部だったので、のど飴舐めたかを聞きました。
舐めてないらしい。
f:id:kt115H:20150322081029j:plain
これは可愛すぎました。
子供か。
ほらって大きい声出してのど大丈夫だよーって教えてくれる和田さん。

とりあえずお話会の感想を聞いたところ

「思ったより楽しかった!」

と言われました。
彼はさほど楽しくないと思っていたんでしょうか。(やめなさい)

正直ちゃんとできるか心配してたよ〜、と失礼なことを言うわたし。
初回ちゃんとできてなかったので許してください。
『颯くんとお話、どうしよう〜///』みたいな子が来たらどうするの?と質問してみました。(なめてる)
すると「最初に?」とナチュラルに聞き返され、質問の答えがどうとか以前に、わたしが最初に来たことをしっかり覚えていたところにひっそり感動しました。

そして一瞬会話が途切れたところで、BGMが聞き覚えのある音楽に。

聞き覚えはあるけど……わからん。

「これなに?」
「back numberだよ〜!」

再三和田さんが同じ群馬出身で大好きだと言っていたback numberさんでした。
たぶんヒロインだったと思います。たぶん。

「これがかぁ〜、ダンス系じゃないと全然わかんないんだよ〜」
「聞いて!back number!」

ダンス系じゃないという言い訳をしてみましたが、どちらかというと年齢的について行けてない感があります。
さすがにダンスじゃなくてもレミオロメンとかはわかります。
(つらい)

そしてふと昨日花村さんにw-inds.さんのCDをあげたら持ってるって言われたことを思い出しました。
代々木のラジオの時にもらったようで、和田さんはもらってないそうです。

「あれならもらっといてー」

雑か!失礼か!なめてんのかわたし!
本当に花村さんからもらったかはわかりませんが、ここでまさかの和田さんがw-inds.さんの話を広げてくれました。

「何のやつ?あのかっこいいやつ?
「!!!!そう!かっこいいやつ!」

「あれでしょ?新聞のやつ」
f:id:kt115H:20150322082432j:plain

ちばさぁぁぁぁぁあああああん!!!

f:id:kt115H:20150322082709j:plain
これです、ここです。
好きな人が好きなアーティストの振りをやってくれるこの感動、わかりますでしょうか。
もう、わたしのテンションは急上昇でした。
(最初から上がっとけ)

「そうそう!え!見たんだー!あ、WORLD WIDE?」

※WORLD WIDEはZEALというダンススクール主催のダンスイベントで、たまたまDa-iCEさんも来てたところに遭遇したので向こうもわたしが行ってたのは知っているのです


ミュージックドラゴンを略さずミュージックドラゴンって呼ぶところから可愛いです。
そんな1月23日放送のミュージックドラゴンを振り返ってみましょう。
f:id:kt115H:20150322083223j:plain
あ、back numberさんついでですね。
しかしよく考えたら、back numberさんついでにw-inds.さんを見た和田さんは振りまで覚えていたのに、w-inds.さんついでにback numberさんを見た(はずの)わたしは聞いてもわからなかったという……
何はともあれ同じ時間に同じ番組を見ていたと思うと、しかもそれがお互いの好きなアーティストだと思うと嬉しくなりますね。

食い気味で「かっこよかった?」と聞いたのですが、なんとも和田さんらしい答えが。

「もーね!でもさぁ俺もうshow-heyさんがかっこよすぎて……

※show-heyさんというのはw-inds.のバックに付いているダンサーさんで、Da-iCEのLOST LOVEに神的な振りを付けてくれた天才イケメンです

このときの和田さん、すごい気まずそうというか申し訳なさそうに目を逸らすんですよ。
まず、わたしがw-inds.さんのバックにshow-heyさんが付いていることを知っているってわかってるところが愛しいじゃないですか。
(たぶんFIGHT BACKの写メ会でshow-heyさんの話をしたのを覚えてくれてる)
んで「慶太くん見てなくてごめんね」感が更に愛しいじゃないですか。
正直わたしは慶太くんしか見てなかった上にあんまり何回も見てなかったので、勢いで「ね!!!show-heyさんやばいよね!!!」とか乗っかってしまいました。
お家に帰ってから何度も見たので許してください。
show-heyさんの話になってテンションが上がった和田さんが何か更にFANTASYの振りをしてくれて、しかし速すぎてどこなのかわからず。
とりあえず、w-inds.さんの話で盛り上がれて嬉しすぎました。

そんな感じで90秒が経過。
なんとなく達成感を胸に荷物を持ったところ、最後の可愛いポイントが……

岩井さん「ミュージックドラゴン、収録日一緒でしたよね」

岩井さんが!
入ってきた!!!!!
もうね、わたしたちの会話を聞きながら「収録日一緒だったな〜」って思ってた岩井さんが可愛いです。
時間が終わるまで待ってた岩井さんが可愛いです。
そういうところがすごく好きです。

ちなみに和田さん、収録日にw-inds.さんと会ったらしいですよ。

そんな感じで終始可愛い可愛いなレポートとなりましたが、ステージでの和田さんはとってもかっこいいです。
そして次回のお話会では工藤さんのとことも行く予定なので、また違った雰囲気なのではないかと楽しみです。