読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WATCH OUTお話し会レポート1日目 和田颯編

Da-iCE

ブログにするのは実にお久しぶりです。
なかだです。
2016年4月16日土曜日、お馴染みTSMさんでDa-iCEの個別お話し会に行ってまいりました。

なかだが参加したのは12時からの1部。
鍵開け芸人なので早めに行ったんですが、
会場に向かう信号待ちで早速スタッフさんに遭遇してどぎまぎしました。
飲み物と一緒に大量に栄養ドリンク買ってたけどメンバー用なのかスタッフ用なのか……
とにもかくにもお疲れ様であります。

7階の待機フロアにはこのような注意書きが。
皆様気を付けて参加してくださいね。

各部の最初は、スタッフのたけとみさんが各部屋に「大丈夫ですか?」と声をかけてから始まります。
中から颯くんの「はーいっ♪」という元気な声が聞こえて、すでに可愛かったです。
「おはよう〜」と挨拶しながら中に入るわたし。
最初に視界に入った颯くんの感想は、『髪、白い……!』でした。(言ってない)
にこにこしながら「1番手!」と言ってくれました。はぁ可愛い。

荷物を置きながら、おもむろに片手で差し入れを手渡すわたし。
マドレーヌの箱に「今日も1日ファイト!」と書いたカードを貼っておいたのですが、

それを見てふふって笑いながら「1日頑張るね!」と言ってその箱を机の上で立て掛けてくれました。

ラッピングしてもらってよかった。清澄白河の千疋屋のお姉さんありがとう。
『お昼休み終わる!!』って思いながら時計チラチラ見てプレッシャーかけてごめんなさい。
プレゼントBOXがあるはずなのに、すぐそこに入れない颯くんの優しさに惚れました。
(あ、もう惚れてたわ)

実はDa-iCEさん、来月初の海外公演が控えています。
それもアメリカ。
日本のダンスボーカルといえばとりあえず台湾とか香港とか韓国のイメージがありましたが(偏ってる)、
いきなりのダンス先進国アメリカ。
ジャパニーズカルチャーのフェスらしいので親日家の皆さんが集まるのかな?
まあそれはともかく、そんなアメリカ遠征に応援に行くことになりまして。
その報告をしよう!と数日前から準備していました。
シミュレーションパートと現実パートでお送りします。

わたし「そういえば、アメリカおめでとう!」

⚫︎シミュレーション
颯くん「そうなんだよー、やばいよー」
わたし「不安?」
颯くん「お客さん集まるかなー」
わたし「キャパ3000だもんねー、でも大丈夫!わたしが埋めに行くね☆」←言えるわけない
颯くん「え〜〜〜マジで!?さすがだわ!安心した!!!」←完全に妄想

⚫︎現実
颯くん「ん?」
わたし「アメリカ、決まったよね!」
颯くん「おお、そう!やばいよ〜」
わたし「やばいね〜、不安?」
颯くん「だってさぁ、俺全然英語わかんないもん!」
わたし『えっ、そこ?言語的な不安?(心の声)』
わたし「……あのさ、行くよ、わたしも」←どう発表していいかわからず
颯くん「うぇっ、あ!?マジで!?」←思ってたよりびっくりしてくれた
わたし「マジで!」
颯くん「英語喋れるの?」
わたし『ねえ、そこなの?着眼点そこなの???(心の声)』

わたしが海外はアジア圏しか行ったことがないのと、
一緒に行く友人が英語話せる人なので楽観的なのでしょうか。
知らない土地でのライブより言語的な不安が大きすぎる和田颯、肝っ魂の座っている和田颯。
あ、でもさすがにアメリカ行くよって言った時はサインをしていた手を止め、あわあわしてました。

一緒に行く友人のことを話したらすぐわかってくれて、
もう一人以前Da-iCEのライブに来ていたアメリカ人の子も一緒に観るよ、
と伝えたらそちらも覚えててくれました。
(その日に友人がナンパして駅まで一緒に帰った)

そして話は英語の話に戻り、

颯くん「俺ね、全然英語喋れなくって」
わたし「でも前も行ってたでしょ?その時はどうだったの?」
颯くん「全然わかんなかった!꒰*´∀`*꒱」←可愛い
わたし「あ、ダンスでさー自己紹介とかしたらいいんじゃ…」
颯くん「なんかね、俺聞き取るのはできるんだよ!」
わたし『あ、聞こえてないな』「うんうん」
颯くん「だけど単語が全然わかんないから……」
わたし「あ〜、聞こえてても意味がわかんないんだ(笑)」
颯くん「そう!何言ってるかもわかんないし、何喋ったらいいかもわかんない!」

ここでそろそろ時間でした。
英語の話になって突然、聞いて聞いて!ってテンションで
身振り手振り話しだした颯くんがすごく可愛かったです。
自分でも「やべー!喋りすぎた!」って言ってました。(笑)
現代語で言うと、鬼可愛かったです。
颯くんって自分でも物静かって言うし実際大人しい子だとは思いますが、
気が緩むと案外お喋りさんだなーって思います。(自覚してなさそう)

最後に、預かってた熊本のファンの子からの伝言を。
その方の特徴を言ったらすぐ「わかる!◯◯な子だ!」って言ってくれて、
優しく「ありがとうって伝えておいて、気を付けてって」と。
真剣にわたしのiPadの画面を見て、心配してくれていて。
伝えることしかできませんがわたしまで嬉しかったです。
そして九州地方の皆様の無事を祈っております。

最後にわたしにも「本当にありがとうね!」と声をかけてくれて、
WATCH OUTのお話し会1日目は終了となりました。
1日頑張れたかな?お疲れ様でした ☺︎