読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

推しの個人仕事を観に行きました – POWER STATION vol.9 –

どうも、寒暖差の激しいこの季節、皆様いかがお過ごしでしょうか。
先週の話になりますが、わたしの愛しの和田颯くんの晴れ舞台を観に行ったのでブログを更新しようと思います。

TRFのSAMさんプロデュースのPOWER STATION vol.9。

こちらのイベントで、初めて颯くんがNumberを出すということで。
(にわか仕込みの知識しかないド素人なので、てにおはの使い方に若干不安があります)

本番の約1ヶ月前のブログにて、唐突にそのお知らせがありました。

エーネ。|Da-iCE(ダイス)オフィシャルブログ Powered by Ameba

POWER STATION vol.9』
produced by SAM の出演者
オーディションをしてきました!
(写真)
この7人でナンバー作ります☺︎

はっ?颯くんがナンバーだと?

ダンスに詳しくない方はNumberって何って話だと思うんですが
ド素人なかだのざっくりした解釈によると、
要するに颯くんが作ったshow caseってことです。
作った本人が出ることもあれば生徒さんだけが出てたりと色々あるようですが、
今回の颯くんの場合はオーディション、選曲、振付、出演を全部やってました。

とりあえず第一報を受け、その日から一番近い会話の機会が8月7日の写真集のサイン会でした。

わたし「あ、ナンバー!すごいじゃん、よかったね!」
颯くん「おお!ね、あれやばいよね」
わたし「えー、めっちゃ楽しみにしてる!」←すでに行く気満々
颯くん「頑張っていいの考えなきゃ……」
わたし「うん、頑張ってね!」
颯くん「あんま期待しないで(笑)」
わたし「なんでよ!期待するし!(笑)」
颯くん「あはは(笑)」

こんな感じで、最初は期待するなと言われました。(笑)
期待しかないわ!!!
その後チケットも発売になり、本番の1週間前がパラダイブの個別お話し会だったのでまたNumberの話をしました。

わたし「そうだ、ナンバーのやつもう決まってる?」
颯くん「決まってますよ〜ちゃんとやってますよ〜」
わたし「やばい?かっこいい?」
颯くん「……頑張ってますよ〜(笑)」
わたし「ねー、ほんと楽しみにしてるから!」
颯くん「初めてだしね〜、みんないい子たちだから。」
わたし「一緒にやる子たち?」
颯くん「そ、頑張ってくれてますよ〜」
〜中略〜
わたし「てかワークショップもあるじゃん!」
颯くん「そうなんだよ〜!」
わたし「大丈夫?忙しくない?」
颯くん「やー、ぶっちゃけちょっとピンチだった(笑)」
わたし「あら……」
颯くん「振り考えるのが出てこなくて」

一緒に踊る子たちのことを、「いい子たちだから。」って話す表情がすごく優しくて。
本当に信頼してて良いチームなんだなっていうのが伝わってきました。
グループとしてのツアーやフェスのお仕事と並行して、今回のNumber作りやワークショップ。
(ちなみにワークショップは颯くんが教えるダンスレッスンのこと)
本当に忙しい中で、大変だったろうなと思います。
なかなか揃ってリハーサルもできなかっただろうし……

それでも、一番大好きなダンスのお仕事がこうして形になることが、わたしには凄く嬉しくて。
正直なところ主催も事務所の先輩のイベントだし、周囲のお膳立てがあったからこそこういうお仕事ができるんだと思います。環境に恵まれたと。
でも、ただ与えられているだけではなくちゃんと努力して良いshowにしよう!って頑張れる人だから、こんなチャンスが巡ってくるわけで。
彼がいるのは100%自分のやりたいことだけをできる世界ではない。
だからこそ、こんなに本人のやりたいことを伸ばしてもらえることは凄い話だし、努力してきた結果なんだなって思います。
颯くん、改めて本当におめでとう。

さてさて、いよいよ本番の9月11日を迎えます。
場所はここ、渋谷のCLUB HARLEM。

実は初めて大輝さんを観た思い出の場所だったりします(笑)
白いロングシャツに黒いスキニーパンツ、黒くてつばが広いハットで紙袋を手に正面入り口から入っていった颯くん。
荷物が少なくてびっくりしました。(笑)
その後会場の前に並んでいたら再度出てきて(ハットじゃなく黒キャップになってました)、
みんなに「おはよう!」と声を掛けて駆け抜けて行きました。
うーん、ほんとそういうとこが優しい。
中に入ると、麗らかな外の明るさとは一転してミラーボールの光に照らされた“クラブ”な空間。

ステージはかなり狭くて、柵がないのでお客さんとの距離感がかなり近かったです。
狭いんですが高さが1メートル以上あったのかな?
結構後ろからでも見えやすい造りになっていたと思います。

イベントは3部構成になっており、1部終わる毎にDJタイムを挟みます。
颯くんNumberの出番は2部の最後でした。
MCの方の「アーティストが選曲から振付から全部やるというのは本当に珍しい」という煽りと、
颯くんと一緒にオーディションの審査をしてくださっていたPINOさんの紹介でいよいよ7人が登場しました。
最初に使われていたのはこちら。

Rather Be (feat. Jess Glynne)

Rather Be (feat. Jess Glynne)

Clean Bandit - Rather Be ft. Jess Glynne [Official Video] - YouTube
逆Vの字型に7人が並んで、颯くんの最初の立ち位置は右から3番目でした。
右隣の女の子が一瞬迷っているのを見て、瞬時に誘導する姿が頼もしい。
決して自分が目立つ構成にはせず、衣装も全員同じようなものを。
颯くんらしいなと思いました。
2曲目に使われていたのはこちら。
Jumpman

Jumpman

  • ドレイク & Future
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
Jumpman - Drake & Future [OFFICIAL MUSIC VIDEO] - YouTube
それにしても、さすがオーディションで選ばれた子たち、6人ともとにかくダンスが上手い!
男の子も女の子もキレがあって、指先まで綺麗な颯くんの振りをしっかり踊りこなしていて素晴らしかったです。
颯くんの振りは繊細で、何かを守っているような優しさがあって、本当に人柄が出ているな〜と思いました。
最後の3曲目がこちら。
Runaway Baby

Runaway Baby

Bruno Mars - Runaway Baby (Official Audio Video) [HD] - YouTube
この3曲目の選曲に、颯くんがDa-iCEとして活動していく中で吸収したものが表れていると思いました。
手拍子で客席を巻き込んで楽しませていくスタイルで、ちゃんとみんなの目を見てはにこにこ笑っていて。
颯くんが今まで踊ってきた全てがこのNumberに詰まっているんだなと、感じました。

正直なところ、ステージを見るまでは、初めてのNumberだし緊張してるんだろうなとか勝手に心配をしていて。
わたしの中の和田颯像というと、緊張しいだし、自分の世界の中で目の前の景色を楽しんでいるイメージでした。
グループの中でも最年少で、周りが年上だけという安心感もあるんだろうし。
この日、ステージに立った時に見た姿は全く違っていて。
自分のことはできて当たり前、6人を引っ張って全員を輝かせるだけの余裕が必要なんだっていう、リーダーとしての覚悟のようなものを感じました。
みんなのお兄さんとして、いつもよりたくさんのことに気を配って。
すごくすごく大人になった颯くんの姿を目に焼き付けることができました。

これから、もっともっと、ダンスで輝いていくんだろうな。
もっともっと、大好きなことをめいっぱいやっていってほしい。
そしてそれを見守れることが、改めて幸せだと感じた1日でした。