読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Da-iCEチェキ会レポート in 大阪

2017年2月5日(日)、約一年ぶりに行われたDa-iCEのチェキ会に行ってまいりました。
f:id:kt115H:20170207232031j:image

今回は1月25日に発売された3rd Album『NEXT PHASE』の発売記念イベントで、フラッシュプライス盤3種を買うと参加できます。

(抽選で当選したらの話ですが)

 

会場は大阪スクールオブミュージック専門学校、略してOSMです。

なかだは2014年9月にあった3rd Single『ハッシュ ハッシュ』のチェキ会ぶりにお邪魔した会場なのですが、当時とは随分お部屋の使い方が変わっていました。


f:id:kt115H:20170207232235j:image

OSMの1階フロア。

東京会場より広くて、雨の日だったこともあり受付開始時間まで中で待たせていただくことができました。

ちなみになんとなくで階段を描いたんですが上階になると空間に歪みが生じてきたので、なんとなくこのへんって感じでお願いします(方向音痴)

中に入ると「受付へ」と書いた階段を使って7階にある受付まで向かいます。

どうやら2月4日の1、4、5、6部と2月5日の2部はエレベーターを使えたらしいのですが、その辺はスタッフさんも人の動きを見た結果最後は階段になったそうです。

……めっちゃしんどいですけどね。(笑)

 

f:id:kt115H:20170207233316j:image

7階受付フロア。

早速階段の方向が謎なのは気にしないでください。

そういえば待機室後方には窓があったような……

とりあえずこんな感じで、各部屋毎に分かれて2列を作ります。

BGMにはNEXT PHASEが流れていました。

T村さんセレクトの懐メロBGMが恋しい、、、

最初は先頭7人ずつが呼ばれて8階に向かい、以降は各部屋の状況を見てスタッフさんが呼び出してくれます。

8階フロアはわたしが颯くん部屋しか行っていないので、スタッフさんが描いてくれていた間取り図を。
f:id:kt115H:20170207233808j:image

(1日目より改善されたらしいです)

 

そんなわけでいよいよ8階の和田颯部屋の前に。

工藤大輝部屋のお隣でした。

他はよくわかりませんでしたが、始まる前に黄色い声が聞こえたので何かと思ったら雄大くんが徹さんのお部屋に並んでたらしいです。(笑)

お馴染みの颯くん担当スタッフい●いさんがドアを開けてくれ、お部屋へと。

最初に見た風景はこんな感じでした。
f:id:kt115H:20170207234413j:image

すでに立ち位置で待っている颯くん。

奥にはプレゼントボックスが2箱。

一番手前のあるかないかわからないレベルの机が、荷物を置くスペースになっていました。

案の定荷物を持ったまま通りすぎるわたし。

そりゃもう、部屋に入った瞬間推しが立ってるんですから視界も狭まるってもんですよ!

仕方ない!

おまけに雨だったので傘まで持っていて、かなりバタバタしながら荷物を置きました。

全部手に持っていたはずなのに、おかしいな。

わたしは先にプレゼントを渡しちゃったんですが、なんとなく忙しない渡し方になってしまったので撮影後に渡した方がよかったなーと反省しました。

 

最初に颯くんを見た感想「マフラー付いてる……!」
f:id:kt115H:20170207235337j:image

そして次に思ったのが「前髪ぱっつん……!」でした。

わかってたんですけど、改めてやっぱりぱっつんでした。

眉毛がギリギリ隠れるか隠れないかくらいの。

なんとも可愛い……。

 

ポーズはこちらが物を持つのはOK。

横向きとかも基本的には大丈夫だったみたいです。

撮ったチェキはトップに載せたので出オチ感が漂ってますが、23歳を祝して王冠をかぶった颯くんにしてみました。

ポーズが大丈夫かをい●いさんに確認している間に、画像の通り手を広げて待っていた颯くんが可愛かったです。

荷物の横の机で、膝を付いてサインと名前を書いてくれる颯くん。

一昨日が誕生日だったので、「みんなにいっぱいお祝いしてもらった?」と聞きました。

(複雑なことを言うと邪魔しちゃうので……)

するとパッと顔を上げてこっちを見上げながら「うん!」と嬉しそうに言う颯くん。

みんながたくさんおめでとう言ってくれたそうで、幸せそうな顔が見れてよかったです。

 

サインを終えたらチェキを受け取り、握手をしてもらいます。

一言、二言会話を交わしたら名残惜しいながらも退室です。

夢のような時間はあっという間……

わたしがドアを開けた背中に向かって、颯くんは「また!」と声を掛けてくれました。

若干びっくりしながら振り向いて「あ、うん、来週ね!」と返すと、にこにこの笑顔で手を振ってくれて。

最後の最後まで幸せな気持ちにしてくれる颯くんは本当に素敵な人だなぁと思いました。

 

帰りの階段はあっという間で、記憶のないままに1階に着いていました。

浮かれて踏み外さなくてよかった。(笑)

そんな感じでたった1枚のために行った大阪チェキ会ですが、とてもとても幸せでした。

雰囲気だけでもお伝えできれば。